蝸牛地帯 ルースカヤ・ファンタスチカ 光が丘Walker

2004年日本SF大会「G-CON」略式報告


2004/8/21(土)

 SF大会の略式報告.
 オープニングの時間は,テルミンコンサートの設営・リハの時間なので,すぐに企画部屋に機材の搬入を開始した.
 竹内正実テルミンコンサート」
 菊池誠さんによる,まったりした「残酷な天使のテーゼ」の演奏,私の勢いだけで誤魔化したTOSのテーマを前座として,竹内先生の登場.「惑星ソラリス」のテーマにもなった重厚なバッハの曲でスタート.途中で登場した黒猫型テルミン演奏ロボットの「タンゴ」は,リモートコントロールによって動き,テルミンを演奏してしまうという驚異のロボットなのだが,SFファンへの受けは良かった.そして,マトリョミンアンサンブル「マーブル」が登場し,テルミンとマトリョミンアンサンブルの競演.最後は全員参加で「ブラジル」を演奏して企画は終わった.内容からすれば,かなり密度の濃い,参加者にとってはお徳な企画になっていたと思う.
 「ロシアのオタク事情」
 モスクワで行われたマンガイベント「コミッシヤ」に参加された速水螺旋人さんを中心に,堀浩樹君,そして私の三人が,ロシアのオタクについて語るというだけの内容だったのだが,会議室はいっぱいになり,立ち見の方までいらしたのは,本当に嬉しかった.ここでお願いなのだが,あの部屋の中で聞いたことは他言無用だからね!
 その後,速水さん,堀君らとタクシーで岐阜駅周辺まで行き,23時を過ぎる頃までビールを飲んでいた.
 このようにして,私のSF大会は終わった.


O-NOのページに戻る